2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペランカーをリアル解釈

年金の着服を徹底的に追及すると大臣がおっしゃってますが、結局は官が官を捜査するんだから、どうせ「なあなあ」で終わるんじゃないかなあ。
─天の声


 


専門学校を中退するとブログに書いたら、リアルの友人から小一時間叱咤されたckckです。
知らないうちに、ブログがバレたかな?


電話口で言われたことは、「きちんと将来を見据えて、もう半年頑張れ」という100%正論間違いなしのご意見でした。うん、反論のしようが無いね。
ただ私は、精神的には正しいと思うことを実行できない未熟者の上、肉体的にも偏頭痛やら真っ赤な下痢(血便?)やらに悩まされているため、もう学校に通う気力が起きないというのが正直なところ。


もう勘弁してください。


 


ってな具合で、今日も現実逃避に走るべく、Wiiのバーチャルコンソールから懐かしのゲームをダウンロード。
本日のソフトは「スペランカー」。主人公が貧弱過ぎるクソゲーとして逆に有名になってしまい、現在の人気ダウンロードランキングにおいて第一位に輝いているという、あらゆる意味で伝説の一本です。


主人公の虚弱体質を分かりやすく示すべく、いくつか実例を挙げてみますと、
・坂をジャンプで下りて死亡
・コウモリの糞に当たって死亡
・自身の身長ほどの窪みに落ちて死亡
・自分の仕掛けたボムの爆風で死亡
・天井から降ってくる砂に当たって死亡
・放っておくとエネルギー切れで死亡
といった気持ち良いまでの死にっぷりを見せてくれます。
地下迷宮の宝を探す冒険に出る前には、ビリーズブートキャンブで鍛えなおすべきでしょう。


しかし、この貧弱さも、ある種現実味にあふれた設定なのかもしれません。


私が推測するに、スペランカーの舞台となる地下迷宮には強力な毒ガスが充満していて、ほんの僅かな傷でも命取りになるのではないでしょうか。
加えて足元は、画面では確認できないほどのサイズながらも鋭利で強固な石筍(下に出来る鍾乳石)で構成されており、ヒザほどの高さから落ちただけで靴を突き破って足に傷を負わせるものと思われます。


そのように考えれば、彼の貧弱さにも納得がいきます。
有毒ガスの中で生きているコウモリであれば、その排泄物である糞は致死性の猛毒であっても不思議はありませんし、上から降ってくる砂にも大変な毒素が蓄積されているのでしょう。また、エネルギー切れによる死亡も、毒ガス中和装置のバッテリーが無くなったと解釈すれば合点がいきます。


少なくとも、自分の身長の10倍はあろう高さから落ちても何ともない某任天堂の配管工よりは、遥かに現実味の有る仕様といえるのでは無いでしょうか。


 


もっとも、そんなリアル仕様が面白いかどうかは、まったくもって別問題なんですが。

コメント

>スペランカー

 我々、初代ファミコン世代としては、
 スペランカーは、結構な名作です。

 たしかに当時から『すぐ死ぬ』というのは話題になっており、
 調度クソゲーという言葉が生まれ始めたころでした。
 (実際は、たけしの挑戦状やスーパーモンキーとかで生まれた言葉です)

 ゲーム的に見ると、『何か』との接触死は、当然として、
 『自分の身長以上の高さから落下すると死ぬ』という仕様?処理?
 の縛りによって、クソゲー的な見かたをされてしまいますが、

 それさえ理解すれば、狭いエリアで探検ムードを味わえる、非常に
 面白い作品です。

 逆に身長以下の落下なら、普通に立ち回れるわけで、
 慣れてくれば、若干の無茶は出来ます。

 死に易いという特徴が、逆にすごい緊張感を与えてくれているのも事実で、
 もう別ゲーといっていいアーケード版は、そんな落下ごときでは死にませんし、
 どこを狙ってもヒットする銃とかも持ってませんが、
 逆に非常に味気なく、楽しめない作品になってしまってます。

 

アケ版は未プレイですが

スペランカーのアイデンティティーは、「ドット単位で生死が分かれるアクションを迫られる」という(恐らく)仕様だと理解はしています。
一つ一つのジャンプに精神を削り、ほんの僅かな気の緩みが死を招く。
そこから生まれるスリルは、他の作品ではなかなか味わえないようなレベルのものですし、私自身も手に汗を握ってプレイしました。

ただ、私の場合、その緊張感を楽しむよりも、即死の数々に苛立ってしまうんですよね。理不尽と感じてしまうまでに。
スペランカーを「クソゲー」と表現してしまう辺り、まだまだ未熟者だと痛感しました。

世間一般的には、クソゲで通っているので、
いいんですけどね、クソゲ表現でも。
気になさらなくていいですよ。

なんとなくゲーム好き?
ゲーマー的な人には、わかってもらいたいなって
思ったりするだけなんです。

オールドタイプゆえの限界なのか…

うう、すみません。
今の私では、やはり今までに書いたことが本音であり、感性の限界です。

いつの日かスペランカーをクリアして、この価値観が変わることがあれば、また記事にさせていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukara.blog38.fc2.com/tb.php/653-4f929e2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ckck

Author:ckck
日本一ネーミングセンスの無い人間

 

カウンター

 

最近の記事

カレンダー

 

最近のコメント

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

 

カテゴリ

未分類 (704)
下らぬ日常 (392)
フリーゲームのレビュー (37)
社会への不満 (49)
ブログやサイトへの考察 (48)
写真など (4)
オタクでも出来る料理 (4)
フリゲのスコア企画 (4)
自動車など (20)
ツクール進捗状況 (25)
ニコ動へ (2)
Civ4への挑戦 (100)
ゼロから始めるCiv4 (26)
FfH2・天帝全文明クリア ラヌーン (16)
FfH2・天帝全文明クリア ヒッパス (14)
FfH2・天帝全文明クリア リョースアールヴ (10)
FfH2・天帝全文明クリア スヴァルトアールヴ (12)
FfH2・天帝全文明クリア シェアイム (25)
FfH2・天帝全文明クリア クリオテイテ (7)
FfH2・天帝全文明クリア 残り火一族 (24)
FfH2・天帝全文明クリア カラビム (9)
FfH2・天帝全文明クリア ルシュイアープ (7)
FfH2・天帝全文明クリア エロヒム (8)
FfH2・天帝全文明クリア 地獄の軍勢 (8)
FfH2・天帝全文明クリア マラキム (8)
FfH2・天帝全文明クリア バンノール (10)
FfH2・天帝全文明クリア シダー (10)
FfH2・天帝全文明クリア ドヴィエロ (13)
FfH2・天帝全文明クリア グリゴリ (11)
FfH2・天帝全文明クリア カザード (11)
FfH2・天帝全文明クリア アムリテ (8)
FfH2・天帝全文明クリア マーキュリアン (7)
FfH2・天帝全文明クリア バルセラフ (7)
FfH2・天帝全文明クリア イリアン (11)
Elona日誌 (39)

 

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。