2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FfH2・プレイヤー最終評価その2

あれ、均等なるヴァレディアってシナリオで出番あったけか?
天の声



昨日に引き続き、FfH2・プレイヤー最終評価の下位10人を紹介しよう。

スコア


徳川家康

「ゲーム側の人物と、お主の紹介する人物が一致しておるかは疑問が残るところだが」



だよねえ。
日本じゃマイナーな作品も少なくないからなあ。
妖術師ティムは自信ないよ。


(以下、説明用口調)



・魔法使いパグ

レイモンド・E・フィースト著、リフトウォー・サーガにおける主人公の一人。
当初は己に自信を持てない少年だったが、物語が進むにつれて成長し魔術の才能を開花させてゆく。
異なる次元への移動が可能だったり、魔法の力で一人老いない体を持っていたりとそれなりの能力者だが、FfH2での評価順位は中。
二部以降裏方に回ってしまったのが原因だろうか。

・妖術師ティム

WA2
の登場人物、ティム・ライムレスのことだと思われる。
他に妖術らしきものを扱えるティムが見当たらない。
(
まさかティム・バートン監督でもあるまいし)
ガーディアン(神のようなもの)を復活させるための資質をもっていたため、その身を犠牲にすることを周囲から強要されていた。
魔力は作中で最強の部類だが、肉体的な能力が低く、上記のような環境で育ったためか精神面もやや弱い。
順位としては優遇されている部類かもしれない。



・オズマ姫

ライマン・フランク・ボームの児童文学、オズの魔法使いシリーズの登場人物。
オズによって国の王位継承権を簒奪されていたが、かかしの統治時代によっておこった革命によって玉座へと戻る。
行動力や内政方向の統治能力は高い部類だが、魔女に記憶を奪われたり誘拐されたりと、彼女自身にそれほどの力はないようだ。
位置づけとしては妥当なところか。



・不思議な老人トム・ボンバディル

JRR・トールキンの小説、指輪物語の登場人物。
中つ国に存在する最古の生物で、他のいかなる存在からも影響を受けないという性質を持っている。
そのため、物語のキーアイテムであるサウロンの一つ指輪ですら、彼にひとかけらの興味をいだかせることすらできなかった。
世界が滅んでも生き残るとすら言われるほどの能力()者だが、地位や名誉といったものにも一切の関心がない(興味という影響を受けない)ため、到底指導者たる器ではない。
中の下という位置づけは、彼の反則的な性質よるものだろう。

・放浪者ミンスク

BioWare
開発のゲーム、バルダーズゲートシリーズの登場人物だと思われる。

(愛國戰隊大日本のミンスク仮面と迷ったが)
種族は人間・職業はレンジャー。忠義に厚い性格らしく、マスターであるダイナヘールを命に代えても守ろうとする。(続編では死んでしまったらしいが)
筋力や体力は高いが、反面賢さは低い。一応回復魔法も使用できるが、それも低レベルのものに限られる。
指導者よりは、側近として優秀なタイプか。



・勇者リンク

皆知ってるゼルダの伝説シリーズの主人公、リンク。
緑の服に尖った耳が特徴だが、実は『作品ごとに別人』という設定らしい。
剣の達人でありながら様々なアイテムをも自在に扱い、その知恵をもって仕掛けだらけのダンジョンを踏破していく。
単独で国や世界を救う力はあるが、指導者としての能力は期待できず、魔法の力も持っていない(魔法のアイテムは使用できるが)
彼もまた騎士団長や側近として取り立てられるタイプだろう。

・ロデリック・アッシャー

エドガー・アラン・ポーの短編、アッシャー家の崩壊の登場人物と思われる。

菊地秀行の魔界都市には、彼が生ける死者として登場する。
体と心の病に蝕まれた彼は、双子の妹を生きたまま埋葬。その後、棺を破って戻った妹によって殺され、屋敷と共に沼へと沈んだ。
正直評価に困るところだが…狂気がもたらす行動力を買われたのだろうか。


・海賊ガイブラシ・スリープウッド

ルーカスアーツのゲーム、モンキーアイランドシリーズの主人公にしてラヌーンの『頼れる』英雄。
自称大海賊船団の提督にして口先剣術の達人。
良いのか悪いのか分からない方向に回転する頭と、それなりの身体技能を持つ。
評価の妥当性にこれまた悩むが、リンクより下であることは間違いない。
なお、モンキーアイランド2がリメイクされ、2010年夏に各種プラットフォームで発売予定。
続編が出るよ!
やったねガイさん!!


・勇敢な騎士ロビン

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイルから割愛されたミュージカル、スパマロットの登場人物。
二つ名のとおり勇敢な騎士でありながら、ミュージカルの世界にも精通している。
二つ名のとおり勇敢な騎士であるため、風刺から人種差別まで臆せず口にする。
二つ名のとおり勇敢な騎士であるにも関わらず、評価は下から二番目。
まあ、モンティパイソンだから。

・双子のトゥイードゥルディ
マザーグースや鏡の国のアリスに登場する双子。
キディ・グレイドの登場人物ではない。
アリスにひたすら謎かけをするよく分からない存在。
まじめに考えると結構良いことを言っているようなのだが、整合性については期待できない。
最下位であることに異論はないが、ダン・クエールとどちらがマシかは分からない。



(以上、説明用口調終了)



終わったー。
しかし20人って結構な数だね。
文章だけなんだけど、普段のエントリより長くなってるんじゃないかな。

徳川家康

「して、需要はあるのか?」


気にしたら負けです。

コメント

ティムはMTGの放蕩魔術師かと思ってたが自信はない

私も自信皆無

MtGの放蕩魔術師ティムは俗称なので、その線は薄いかと。
元ネタであるモンティパイソンの魔術師ティムも考えましたが、1作品から2名以上出すとも考えづらかったためWA2にしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukara.blog38.fc2.com/tb.php/1660-3e710fde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ckck

Author:ckck
日本一ネーミングセンスの無い人間

 

カウンター

 

最近の記事

カレンダー

 

最近のコメント

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

 

カテゴリ

未分類 (704)
下らぬ日常 (392)
フリーゲームのレビュー (37)
社会への不満 (49)
ブログやサイトへの考察 (48)
写真など (4)
オタクでも出来る料理 (4)
フリゲのスコア企画 (4)
自動車など (20)
ツクール進捗状況 (25)
ニコ動へ (2)
Civ4への挑戦 (100)
ゼロから始めるCiv4 (26)
FfH2・天帝全文明クリア ラヌーン (16)
FfH2・天帝全文明クリア ヒッパス (14)
FfH2・天帝全文明クリア リョースアールヴ (10)
FfH2・天帝全文明クリア スヴァルトアールヴ (12)
FfH2・天帝全文明クリア シェアイム (25)
FfH2・天帝全文明クリア クリオテイテ (7)
FfH2・天帝全文明クリア 残り火一族 (24)
FfH2・天帝全文明クリア カラビム (9)
FfH2・天帝全文明クリア ルシュイアープ (7)
FfH2・天帝全文明クリア エロヒム (8)
FfH2・天帝全文明クリア 地獄の軍勢 (8)
FfH2・天帝全文明クリア マラキム (8)
FfH2・天帝全文明クリア バンノール (10)
FfH2・天帝全文明クリア シダー (10)
FfH2・天帝全文明クリア ドヴィエロ (13)
FfH2・天帝全文明クリア グリゴリ (11)
FfH2・天帝全文明クリア カザード (11)
FfH2・天帝全文明クリア アムリテ (8)
FfH2・天帝全文明クリア マーキュリアン (7)
FfH2・天帝全文明クリア バルセラフ (7)
FfH2・天帝全文明クリア イリアン (11)
Elona日誌 (39)

 

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。